スポンサーサイト

2020.02.16 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    9/8 栃木足利ライブハウス大使館【DaimonOrchestra】

    2018.06.09 Saturday

    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

      今年もやります!

      タイムテーブル公開!!!!

      よろしく御願い致します!!!!!

      08/28更新!

       

       

       

      2018.09.08
      DaimonStudioPresents
      【広志vol.24】
      at 栃木足利ライブハウス大使館
      open/start17:00

      Ticket2000yen+1drink/Tシャツ、FOOD付きTicket3000yen+1drink

      学生証提示、65歳以上500yen引き

       

      今回もかっぱとかさ+広志のコラボTシャツ販売します!

      デザインはもちろん絵描き光!!!!

      色は黒でサイズはM,L,XL

       

       

      出演
      DaimonOrchestra

       

      ・る*しろう
      ・ELEPHANT NOIZ KASHIMASHI
      ・狆-chin-(vo蜂鳥あみ太4号+pf大和
      田千弘+tabla空中紳士)
      ・CYBORG509(ex.76477)
      ・アスカトタケシ

      ・二宮友和+MUSQIS 

       

      ・GESEWA
      ・itoi
      ・てあしくちびる3
      ・発狂カルテット
      ・サワダヒロアキ&喪失ボーイズ

       

      NEW!

      OA:ラジオ体操指導員による正しいラジオ体操の始動。


      ・Futoshi
      ・人糞あきら

       

      Food、event

      ・大島メタル整体
      ・絵描き光
      ・屋台オレオ
      ・自家製果実酒とごはんのオカジマ
      ・セルフノイズコーナー
      ・GOZAスペース

       

      MAP、駐車場など

      ■お車でお越しの場合
      北関東自動車道足利IC 車で9分
      東北道佐野藤岡IC 車で28分

      たかうじ君広場・駐車場(無料、35台)
      美術館通り駐車場(無料、23台)
      タイムズ足利通2丁目(有料、19台)
      通二丁目駐車場(有料、39台)
      etc…

       

      ■電車でお越しの場合
      JR両毛線足利駅 徒歩8分
      東武伊勢崎線足利市駅 徒歩8分

      足利ライブハウス大使館
      〒326-0814
      栃木県足利市通2丁目2637
      いぶきビルB1F
      0284-44-0069
      info@live-taishikan.com

       

      ・お近くの宿泊施設など
      このイベントは深夜まで行われます。遠方よりお越しの方、最後まで楽しみたい方はお近くの施設にどうぞ!
      足利駅近く!ホテルルートイン
      足利駅近く!東横INN
      足利市駅近く!ミヤコホテル本館
      本館より少し安い!ミヤコホテル別館
      ちょっと遠いけど激安!足利健康ランド
      大使館から一番近い!足利タウンホテル 

       

      Artist

      DaimonOrchestra

      Daimonは2002年に結成されたスリーピースバンド。
      DaimonOrchestraはそこから派生した2006年に結成された大所帯バンドである。
      『音楽三大要素の遵守』『あらゆるジャンルへのアプローチ』『おもしろいことが前提』を 標榜し、Okazimaを中心に結成された超インディー音楽集団である。
      いずれもライブには定評があり、Daimonでは殺伐とした緊張感とフリーキーな展開で見る者を釘付けにし、DaimonOrchestraでは和やかな雰囲気の中での緊張感あるアンサンブルやダンス、お祭り的な賑わいで見るものを楽しませている。

       

      ・る*しろう

      1994年 都withエレガントパンクを結成。

      歌ものでジャンルはよくわからないが(多分変わったロック?)様々な形式で原宿ルイードを中心に活動。プログレ臭?を放ってた第四期の華やかなステージを最後にインスト化が始まった。

      1999年 遂に都withエレガントパンク改め’る*しろう’を結成。 

      ジャンルはよくわからないが、プログレくささが程よく混じったサウンドをお届けする素敵トリオ、この先もどういうジャンルに分類されるのか分らない有機体トリオです。お見知りおきを〜!


      ・ELEPHANT NOIZ KASHIMASHI

       

      ・狆-chin-(vo蜂鳥あみ太4号+pf大和田千弘+tabla空中紳士)

      ・蜂鳥あみ太=4号profile

      悪魔の捨て子の異名を持つ、全身網タイツのシャンソン歌手。

      特技は大声と裸。ライブハウスでの出演の他、フェティッシュな装いにキャバレーソングを引っ提げて喫茶店やギャラリー・SMサロン等のパーティーでも活動中。

      「シャンソンは三分間のドラマ、その内訳は1分間の殴り合いと1分間のセックス、残りの1分間は爆破シーン」をモットーに今日も地獄に潜伏中。

      好きな食べ物はカントリーマアム(バニラ味限定)。日本養殖新聞公認第52代目うなLady。

      民族音楽再構築ユニット狆-chin-が来襲でシャンソン的誤解釈による変拍子&訳詞書き下ろしゲンスブール曲を演奏するよ!!


      ・CYBORG509(ex.76477)


      ・アスカトタケシ

      「つやにまちと書いていろまち」
      この一言から始まる爆発を巻き起こすような音圧を武器に全国を回ってきたバンド艶街。
      そのフロントマンがバンド脱退後から本格始動したアコースティックユニット「アスカトタケシ」
      一曲に身を投じるその様は何処か芝居的でアコースティックというジャンルから逸脱している。
      持ち前のダイナミクスから織りなす力強いギターと歌は、どんな場所であろうと二人ならではの世界へと誘い込み
      これでもかとうねる音の強弱から人の滑稽さ、か弱さ、疑問を日々の情景に重ねながら比喩する詩
      あらゆるものをアスカトタケシという世界に埋没させる。

       

      ・二宮友和+MUSQIS

      MUSQIS
      マルチ奏者、野口英律を中心とした音楽及びそれらに関わる集団、コミュニティーである。
      MUSQIS本体の事を指す。詳細は下記。

      二宮友和+MUSQIS
      長年eastern youthのボトムを支え、現在はPanicSmileのベーシストととして活動する二宮友和氏。
      自身がギターボーカルを務めたひょうたんやトンカツ(ソロ名義)の楽曲などをMUSQISと共にリアレンジ。
      プログレッシブなEMOバンド。地方初登場!

       

      ・GESEWA

      ASHIKAGA SHORTCUT GRIND!


      ・itoi

      Japanese Emotional Instrumental Rock Band!!!!!!! 


      ・てあしくちびる3

      2人きりの人間とアコースティックギターとバイオリンによる編成。編成ありき ではなく、そういったある種の制約に対して「その向こう側に飛翔しようとすることでしか得られない」感覚を通過したリズムや音や言葉や声で表現。

      今回はドラムを加えた3人編成!


      ・発狂カルテット

      2011年群馬県にて、小此木生死(Vo.Gt)、秋元ファッキンシットジュン(Ba)、藤生崇仁フロム地獄(Dr)により結成。

      2012年根岸刃渡り40センチ洋平(Gt)、殺戮加入。
      3曲入り初音源「ケモノ偏に殺す」完成。

      2013年秋元ファッキンシットジュン(Ba)、藤生崇仁フロム地獄(Dr)、脱退。

      電撃グレゴリーKOJU(Ba)、ホワイトタンクヒデアキ(Dr)、電撃加入。

      初アルバム「黄色いキリスト」完成。

      2014年ホワイトタンクヒデアキ(Dr)、電撃脱退。
      石原チェーンソー(Dr)、爆撃加入。


      ・サワダヒロアキ&喪失ボーイズ

      サワダヒロアキを中心として結成されたサワダヒロアキ&喪失ボーイズというバンドです。

       

       

      スポンサーサイト

      2020.02.16 Sunday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL